地方×コピーライティング×クリエイティブの情報マガジン「KOTOLOG」
クリエイティブ

youtube(インフルエンサー)マーケティングの成功事例

クリエイティブ

近年インフルエンサーを介して成功を収めるマーケティングの事例が目立つ様になりました。
従来のマス広告とは違い、認知の段階に留まらず商品が求められ、選ばれるPR方法となっています。

スポンサーリンク

youtube(インフルエンサー)マーケティングの特徴とは?

「信頼できる発信元からの情報で購入する」という点が大きな特徴のひとつです。
現在では、「販売元が商品を良く言うのは当たり前」という価値観のもと、情報の発信者を自ら選択して受け取る時代となりつつあります。

自分の信頼のおけるインフルエンサーの紹介によって商品の是非を確かめることで購入に繋がることがこのyoutube(インフルエンサー)マーケティングの特徴です。

どんなインフルエンサーを選ぶ?

商品の対象となるファンを持つインフルエンサーであることは勿論ですが、商品の対象となるインフルエンサーあることも大きな要因となります。

良質なインフルエンサーであればあるほど、自身の信頼性を保つために非の意見を発信したり、依頼を選ぶことで、ブランドを維持しています。
使わなかったり、興味のない分野では販売元とインフルエンサー双方にとっての不利益となる可能性もあるため注意が必要です。

youtube(インフルエンサー)マーケティングの成功例

のむシリカ

のむシリカ は、健康効果の期待できる飲料水です。
提供先は、著名であることはもちろん、賛否のはっきりとしたインフルエンサーへの提供が多くみられる商品です。
これにより、効果の訴求が難しい健康効果について信憑性の高さをアピールできています。

電気バリブラシ

電気バリブラシは、高額な美容機器でありながら、インフルエンサーによる提供外の発信され、改めて提供を行った商品です。
提供外という良品イメージに加え、改めて提供を行なったことでインフルエンサーのファンを始めとした好感度を高めることに成功しています。

テックキャンプ

テックキャンプは、プログラミングをはじめとした学習から、就職支援までを商品としています。
代表自らがインフルエンサーになるだけでなく、有識者からの評価を集めて公開するという手法をとることで、その知名度と信頼性を高めています。

まとめ

細かな手法は違えど、youtube(インフルエンサー)マーケティングの成功例において、それぞれ起用するインフルエンサーは、忖度なしに真実を語るイメージを持った方が多く見られます。
発言の信頼性と商品に関連性のあるインフルエンサーを選ぶことが成功の鍵になるかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました