地方×コピーライティング×クリエイティブの情報マガジン「KOTOLOG」
コピーライティング

コピーライターはAIに勝てる?自動コピー作成ツール5選!

コピーライティング

コピーライターはAIやシステムにとって変わられない仕事だと言われている反面、様々なコピー作成ツールも登場しています。
しかしまだ、人の感情に触れる部分を理解できるのは人だけでしょう。

スポンサーリンク

コピーライターのツールして連携する時代

とはいっても、AIやシステムは、個人では出しきれない数のワードが出せたり、SNSなどを通してホットなワードをピックアップ出来るという強みも持っています。
こういったコピーの元となるワードでこれらを活用することは、取り入れていくべきことなのではないでしょうか?

コピー作成ツールをご紹介

目的に合わせたベストなホットワードを集めるシステムは、大手制作会社が独自で作成しているのが大部分ですが、ヒントとなるワードを得るのに使えるようなフリーのコピー作成ツールは次々に出現してきています。

そんな中からいくつかご紹介していきたいと思います。

コピースロット

コピースロット」は、遊びの要素が強いツールです。
ツールのみでは、完成されたコピーなど上手くはつくれないからこそ、コピーライターに依頼を。という流れで作られたものですね。
企画としてだけじゃなく、コピースロット自体も面白い…笑

キャッチコピーメーカー

キャッチコピーメーカー」はシンプルで使いやすいツールです。
入力した言葉を使ってコピーっぽい言葉にしてくれます。
想定外の組み合わせなども起きるので良いヒントが生まれそうですね。

コピーメカ

コピーメカ」は入力項目がしっかりとしたツールです。
ある程度状況が限定されるので、それらしいものが出来やすいです。
最終的な形の参考としてつかってみるのもひとつですね。

ぽいっとキャッチコピー

ぽいっとキャッチコピー」とにかく組み合わせの数が欲しい時にはコレ!
入力したワードを使った文章の組み合わせが大量に出現して一覧できるツールです。

プロ直伝バカ売れキャッチコピーを作成

プロ直伝バカ売れキャッチコピーを作成」はweb記事のタイトルのようなキャッチコピーを作成してくれるツールです。
記事タイトル作成の参考に使えるかもしれませんね。

まとめ

このように様々な用途で使用できるコピー作成ツールも増えてきています。
コピーライターだからこういったものを使わないではなく、使えるもの全部使ってでも良いものをつくるということが出来るとなお良いですね。

タイトルとURLをコピーしました