地方×コピーライティング×クリエイティブの情報マガジン「KOTOLOG」
クリエイティブ

DXの意味を理解して、実行に移す具体的な方法

クリエイティブ

DXとは、「デジタル技術を活用して、ビジネスモデルをアップデートし、価値提供を抜本から変えていくこと」です。

では実際にはどのようなことを、どのような手順で進めていくのでしょうか?

スポンサーリンク

2つのやるべきこと

  1. ITを活用して組織を変革する
  2. ITを活用してビジネスモデルを転換する

ITの活用を軸に「組織」と「ビジネスモデル」を変えていくことが「DX(デジタルトランスフォーメーション)」です。

1. ITを活用して組織を変革する

  • 見積もりと発注を自動化する
  • 裁量や権限をフラットに
  • 営業をオートメーション化する

など、具体的な例として、ITを用いて裁量が必要な部分をシステム化し、権限をある程度フラットにすることや、資料のデジタル化によるテレワーク導入などが挙げられます。

2. ITを活用してビジネスモデルを転換する

  • 商品販売をサブスク化する
  • 在庫情報や会員カードをアプリ化する
  • 会計を無人化する

在庫情報や顧客管理、購入までをデジタル化したり、サブスクリプション形態にして安定した収益化を図るなど、時代の変化に合わせたビジネスモデル転換を行います。

IT化との違い

「DX」はIT化をひとつの手段として用いたビジネスモデルや組織の変革です。
会社として、IT化を用いて時代に合わせて変化することが「DX」の考え方になります。

どこに相談すればいい?

根幹はビジネスモデルや組織の問題解決です。
その方向性に合わせて対応業者を選定するべきですが、システムに強いコンサルタント会社や制作会社を選ぶと、持っている事例の情報も多く、要望を広げた提案を受けることができます。

まとめ

変化の激しい現在では、DXへの取り組みは必須事項となりつつあります。
まずは、時代の変化に柔軟に対応できる企業となるための変化をする必要があります。
DXへの取り組みをまだ考えておられない方も、現状を一度見直してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました