地方×コピーライティング×クリエイティブの情報マガジン「KOTOLOG」
クリエイティブ 映像制作

【After Effects】テキストをプロっぽく動かす機能「イージング」を使ってみよう!

クリエイティブ

「After Effect」「premiere」などのソフトでテキストやシェイプを動かす際、移動速度を一定ではなく、緩急をつけて調整できる「イージング」という機能があります。
テキストなどを動かして、素人っぽい印象になってしまう動画の多くは、このイージングを使用していないことが要因であることも。

今回はそんな「イージング」ついて解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

なぜイージングを使うのか?

それは、一定速度で動くものや、減速なしで止まるものを人は見慣れていないからです。

人は見慣れていないものに対して違和感を感じやすく、内容よりもその違和感に引っ張られて動画の邪魔になってしまうため、速度に緩急をつける「イージング」調整を行う必要があります。

【After Effect】イージング機能の使い方

アフターエフェクトでイージング機能を使用する方法をご紹介します。

開始地点と到着地点にキーフレームを打つ

動かしたいコンテンツ(今回の場合はテキスト)の「位置」パラメータを操作して、開始地点と到着地点にキーフレームを打ちます。

キーフレームを選択して右クリックして「キーフレーム補助」を選択

キーフレーム補助を選択すると3種類の選択肢が表示されます。
選択肢に応じて、キーフレームの選択箇所が変わるため注意が必要です。

イージーイーズ開始と到着両方のキーフレームを選択
イージーイーズイン到着地点のキーフレームを選択
イージーイーズアウト開始地点のキーフレームを選択

3種類の違いと使い分け

主な使い分けはこのようになります。

イージーイーズ開始(加速)→ 到着(減速)
イージーイーズイン到着(減速)
イージーイーズアウト開始(加速)

速度感の調整

グラフエディターを選択し、速度感を調整することができます。

残像をつけてよりリアルに

レイヤー全体と、対象レイヤーに対してモーションブラー機能を設定することで、残像を表現することができます。
速度によってその残像具合も変わるため、よりリアルな映像を作成することが可能です。

使い方のコツは現実的であること

「イージング」は人間の見慣れた動きに近づけることを目的に行います。
移動する物体は徐々に速度を失う乗り物の動き出しは徐々に速度をあげていく何かにぶつかれば跳ね返りは早く、徐々に勢いを失うといった当たり前の動作を意識して作っていくことで、違和感なくプロっぽいと感じる映像を作ることができるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました