地方×コピーライティング×クリエイティブの情報マガジン「KOTOLOG」
ブログ

Web制作事業はYoutube制作事業に変わっていく?

ブログ

Youtubeといえば、個人が広告収入目的で行うという印象が強いですが、一方で現在は、企業が広告メディアとして活用すると言う面でも成長を続けています。

以前は、企業のCMや説明動画をアップするだけという形式の企業チャンネルが多く、再生数や登録数が伸び悩んでいるシーンもよく見かけられました。
しかし、Youtuberのコンサルティング、広告制作会社のノウハウ蓄積などによって企業チャンネルの作り方にも大きな変化がみられるようになりました。

スポンサーリンク

企業としてのYoutubeの考え方

Youtubeの活用方法として、企業だから広告を出すというだけでなく、自らのチャンネルを持つこと自体も大きな広告効果を持つことができます。

Youtubeチャンネル = ウェブサイト(+ウェブ広告)

通常ウェブサイトでは自社の紹介を行い、SEOや、時には広告を使って集客をするという方法で活用されます。

Youtubeチャンネルでは、Webサイトと同じく自社の紹介コンテンツを作ることから、集客を目的としたコンテンツ作成まで幅広く対応することができます。

Web制作事業との共通点が多い

Web制作業界では、現在どんどんと新たなツールが生まれ、技術的要素が要らなくなっていくことで、その制作技術ではなく、企業特性の活かし方やコンテンツづくりといったものが重要な価値となってきています。

また、テキストからムービーへと情報収集のベースが変わっていく中で、テキストメインのwebサイトの需要が減っていくことも容易に想定されます。

そんな中、Web制作のノウハウは、この企業Youtube制作に非常に近い特性を持っていることもあり、企業Youtube制作事業というものにある程度シフトしていくことが考えられます。

Web制作とは違ったリスクも…

Youtubeでは、意見をよりダイレクトに受けることになります。
また企業としての考え方や対応がそのまま会社の評判に繋がってしまうのです。

会社として社員を出演させる場合には、強制的な要素が少なからず発生してしまうため、社長自らが演者となる場合でなければその考え方や対応に細心の注意が必要になるでしょう。

また、中途半端に継続しているチャンネルでは、再生数の低さなどによるペナルティが発生してしまうこともあるため、Youtube運営を始める際には一定のクオリティを作れる環境を整えてから始めることが大切です。

まとめ

Youtube制作はまだ発展途上の事業ですが、いずれは制作業界にとってWeb制作と並ぶ事業になるのではないでしょうか?

ノウハウを活用できるWeb業界にとってこのYoutube制作に取り組むことは新たな活路となるかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました