地方×コピーライティング×クリエイティブの情報マガジン「KOTOLOG」
コピーライティング

コピーライターのポートフォリオってどういうもの?

コピーライティング

ポートフォリオは主にクリエティブ業界の採用で使われる作品集のようなものです。

黒べこ
黒べこ

僕がコピーライターとして採用活動をしていた当時、コピーライターを目指すためのポートフォリオはどうすればいいんだ?と悩んだことがあったので今回は作り方についてご紹介できればと思います。

コピーライターは求人自体も少なくコピーライターに特化したポートフォリオを見る機会もあまりないのではないでしょうか?

僕は当時ある有名コピーライターさんのポートフォリオを見る機会があり、以来ずっとそれを参考にしているのですが、その作り方をベースにポートフォリオの作り方のポイントについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ポートフォリオの目的

ポートフォリオは自分の価値を見える形にして相手に伝えるための手段です。

どういったコピーライターが求められていて、自分はどんなスキルを持っているのか。
ということを正確に伝えられることが大切です。

伝えるべきポイント

  • 仕事の幅
  • 外部の評価
  • 制作の行程

が見えることが大切です。
では具体的にどんなことがあげられるのでしょうか?

仕事の幅

一言でコピーライターといっても、ポスターコピーやコーポレートコピー、webコピーなど、その状況や企業の特性によっても求められるものは様々です。
なので、どんな仕事に対応できるのか?といった、その業務の幅を伝えることも大切です。

外部の評価

もともと世に出ているもので、公表できるものがあればそれでも問題ありませんが、まだ未経験であったり、公表できないものが多い場合もあるでしょう。
そんな時は、公募などの評価実績を入れられるとその価値が伝わりやすくなります。

例えば、宣伝会議賞などもそうですが、実際の著名コピーライターが応募するコピライターズクラブであっても知り合いの店の制作物などを作って応募することができるので、そこで評価されれば大きな実績のひとつになります。

制作の行程

ただコピーを置いておくだけでは、採用担当者サイドでもその人のスキルを判断することは難しくなります。
どんな要望があり、どういった解決を行なったのかという部分も見えるようにしておくと良いでしょう。

ポートフォリオの構成

ポートフォリオの構成としては、左側にコピーが入った制作物、もしくはコピー単体。
右側にクライアント名・課題・解決方法・受賞歴などを書くという形を取っています。

これらをジャンル分けすることで、より見やすいポートフォリオになります。

さいごに

あくまで自分の特性がより伝わりやすいものにしたり、志望先で求めるものに合わせて改良することは大切です。
これを参考の一例として自分なりに発展させていただければ幸いです。

タイトルとURLをコピーしました