地方×コピーライティング×クリエイティブの情報マガジン「KOTOLOG」
クリエイティブ

アイデアが面白いと思った事業・サービス7選

クリエイティブ

どの業界でもそうですが、広告業界では特に日々新たな視点というものが求められます。

黒べこ
黒べこ

とはいえ新たな視点などそう簡単に見つかるものではないですよね…

スポンサーリンク

アイデアが面白いと思った事業・サービス

今回は日々アイデア探しをする中で見つけた(主に海外の)「その視点があったか!」という事業やサービスについてご紹介していければと思います。

ランチタイム限定!影でつくるQRコード

韓国のスーパーマーケット「Emart」で行われたランチタイム(正午〜午後1時頃)のみ影の加減で読み取れるようになるQRコードのサービス。
このQRコードからは12ドルのクーポンなどの特典が得られるようになっています。

また、このアイデアはスーパーマーケットだけでなく商店街の街興しなどにも活用されています。

緊急じゃないヘルプコール

日本の119番と同じく米国でも911番という緊急電話があります。
日本でも特に緊急でない連絡が集まるといった問題がありますが、米国ではこの緊急時以外のヘルプコールとして市民サービスセンターが311という番号で請け負うという形をとっています。

このように、誰もが必要だと思うサービスを助けるサービスというものも、ひとつのアイデアかもしれませんね。

マイルール貯金アプリ

Qapitalという無料の貯金アプリです。
「Twitterを開いたら」「雨が降ったら」などの自分で決めたアクションによって自動的に貯金を行えるようにするアプリです。

日常的な行動を、自動化するというところにもヒントがありそうですね。

パーティーの後片付け代行サービス

オーストラリアで展開しているHangover Helpersというサービスです。
散らかったパーティーの後片付けや酔った顧客のケアなどをしてくれます。

やはり人の嫌がることや使う時間を肩代わりということが根本的なビジネスだと感じますね。

無人のコンビニ

もはやAmazon Goは日本にも導入され始めていますが、手に取った商品をカメラで解析して自動的にカウントしてくれるサービスです。
キャッシュレス決済によりレジを通す手間も無く消費を購入することができます。

しかし、膨大なデータを要するこのようなサービスは盤石な基盤があってのアイデアですね。

サイトをピクセルごとに販売

The Million Dollar Homepageは1ピクセルを1ドルでサイトがある限り永久的にそのスペースを販売するというシンプルなサービス。

広告を貼るということ自体をエンターテイメントにしたまさに逆転のアイデアです。

旬で健康なお菓子を選んでもらうサービス

NatureBoxはお菓子のサブスクリプションサービスです。
旬で健康なお菓子をNatureBoxが指定の期間で選んで届けてくれます。

サブスクリプションも現在主流となりつつあるサービスの形ですが、いろいろな情報を簡単に得られる時代だからこそ、選ばないということの価値が高まりつつあるのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
このように国内外問わず視点を変えたサービスを探してみることも新たなアイデアや事業のヒントになりますね。

タイトルとURLをコピーしました