地方×コピーライティング×クリエイティブの情報マガジン「KOTOLOG」
仕事環境

ネットショップで個人起業するなら「BASE」が良さそう?元webディレクターがBASEを使ってブランドを立ち上げる所まで試してみた。

仕事環境

「できるだけリスクなく、オリジナルの商品をつくって販売したい」
「副業として、ネットショップを始めたい」

黒べこ
黒べこ

もともと僕はwebディレクターとして働いていたこともあり、友人から個人的にこのような相談を受けることが度々ありました。

とはいえ、制作会社に頼む予算などはあるわけもなく、以前の勤め先を紹介することもできないので、いくつかのネットショップ作成サイトを調べて条件の合っていそうな「BASE」を使って、実際に立ち上げまでを試してみることにしました。

スポンサーリンク

なぜBASEなのか?

趣味の延長や、ちょっとした副業として始める際に、いきなり大きな初期費用や継続的な支払いをするのは不安があります。
プレスタートやリスクの少ないスタートに向いていて、必要な条件を満たしているものが「BASE」でした。

BASEは初期費用がほぼ無料だった

BASE では登録料、月額料金といった固定費がかかりません。

追加機能を使用するためにはオプション費用が別途必要になりますが、オプションとして追加しなければ個人の事業として成立しないといったものはほとんどなく、より使い勝手のいい機能を追加するという選択肢がほとんどだったように感じます。
できれば入れておきたいものとしては「baseのロゴ非表示(月額500円)」ぐらいでしょうか?

サーバやドメイン費用もかからないことには驚きました。
(ドメイン自体はあまりメジャーなものではありません)

BASEで利用できるドメインの種類
thebase.in | base.shop | shopselect.net
base.ec | theshop.jp | handcrafted.jp
fashionstore.jp | buyshop.jp | supersale.jp
official.ec | kawaiishop.jp

※独自ドメインは別途契約すれば使用できます。

BASEは売上金からその一部を支払うシステムです。
「BASEかんたん決済手数料」 + 「サービス利用料」を支払います。

【BASEかんたん決済手数料】
1回のご注文の総合計(送料含む)に対し、「3.6%+40円」

【サービス利用料】
1回のご注文の総合計(送料含む)に対し、「3%」

その他売上金の振り込み時には、「振込手数料」+ 「事務手数料」が必要になります。

【振込手数料】
一律250円

【事務手数料】
・2万円未満の場合:500円
・2万円以上の場合:0円

簡単な設定ですぐに公開できる

BASE は最低限の設定ですぐにショップを始められます。
最初の入力項目を埋め終わったら、テンプレートを選んで、商品を登録すれば運営を開始することができるので、知識のない人にも勧めやすく感じました。

クレジットカードも使える決済機能が標準で利用できる

  • クレジットカード決済
  • コンビニ(Pay-easy)決済
  • 銀行振込決済
  • キャリア決済
  • PayPal決済
  • 後払い決済

の決済方法が標準機能として利用できます。

ネットショップを行う上で一番の課題となる決済方法もしっかりと準備されているので、深い知識がなくても安心してネットショップの開設を行えます。

気をつけておくべきこと

個人でも簡単にネットショップが開設できるBASEですが、だからこそ気をつけておくべきこともあります。

月20万円を超えそうなら「確定申告」と「個人事業主登録」

副業からの収入が20万円を超えるようであれば、確定申告が必要になります。
また個人事業主登録をして青色申告を申請することで、最大65万円の所得控除を受けることが出来ます。
売り上げが上がる様になったらすぐに動ける様に「確定申告」と「個人事業主登録」を頭に置いておっきましょう。

デザインの調整やカスタマイズは少しやりづらい

デザインの変更は基本的にはBASE独自の編集システムを介しての作業しかできません。
サーバや画像アップロードも通常の方法と異なり、自由に調整することが難しいので、しっかりとカスタマイズしていきたい人にとっては触りづらい環境かもしれません。

プロにリニューアルをお願いする場合、引用が難しくなることも

自身で契約しているサーバーではなく、素材の取り出しも通常より手間がかかることがあるため、プロに依頼する場合は通常のリニューアルよりも費用がかかってしまう場合があります。

別のネットショップサービスはどうか?

その他の候補としては、Shopifyカラーミーショップ などもあがっていました。
こちらは継続費用があることもそうですが、すでにwebサイトがある場合や、拘ったデザインとの組み合わせなどに強いという特徴がありました。
そのことからも、どちらかといえばShopifyカラーミーショップ は制作会社さんと連携することに向いている印象ですね。

まとめ

実際に作成してみて、開設までは簡単に行えるものの、細かいデザイン調整などは融通が効きづらいという印象でした。

個人で開業する分には知識がなくとも利用できて、必要な条件が揃っているので、BASEはとてもおすすめです。
反対に制作会社などが利用するには融通が効かず不便なところも多いので、業務利用には向いていないと感じました。

ショッピングサイトを作りたいけど予算が…とお悩みの方はBASEを活用してみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました