地方×コピーライティング×クリエイティブの情報マガジン「KOTOLOG」
仕事環境

プランナー必須!プランニングとデザインを併用するAdobe XDとは?

仕事環境

webデザインをするならPhotoshopが主流と教わった方も多いのではないでしょうか?

黒べこ
黒べこ

学生時代は、なんでWebなのに写真編集ソフト?ってずっと思ってました(笑)

しかし今、Adobe XDの登場によってその常識は変わりつつあります。

Adobe XDが何故webデザイン適しているのか?
そして、プランナーがなぜAdobe XDに移行しているのか?

今回はその理由について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

プランナーがXDを使う理由

Adobe XDはwebデザイナーだけでなく、プランナーの利用も着実に広がっています。

操作スピードが従来の制作ソフトとは段違い

これまでPhotoshopやIllustratorでは、動作の重さや、開くまでの時間がかかり過ぎていました。
企画や指示出しがメインの業務となるプランナーが使うには操作性が悪く、使用する場面は限られていましたが、Adobe XDではその操作スピードの問題が解消され、気軽に使用できるスピードを実現しています。

指示出しからデザイン作成までを一つのソフトで行える

デザイナーへの指示出しに使用するワイヤーフレームの作成に適したテンプレートや機能が豊富で、デザイナーも一貫して同じファイルを編集できるためプランナーとデザイナーの連携が非常にスムーズに行えます。

プランナーにとって便利な機能が豊富

Adobe XDではプランナーにとって便利な機能が豊富に実装されています。
いくつかの機能を簡単にご紹介します。

テンプレートが豊富

webサイトの指示出しに適したパーツのテンプレートが豊富で、一から作成する手間が省けます。

要素の複製に適したリピートグリッド

一つのパーツをリピートグリッド化することで、簡単に複製・一括操作が可能になります。

ページ遷移が確認できる

作成したボタンとページをリンクすることで、どのページに移動するかという情報も実際の動作で伝えることができます。

web上で確認可能なURLを発行できる

これまでサイトの確認は、デザインで上手く伝わりきらず、エンジニアのコーディング後に沢山の修正が発生することも少なくありませんでした。
このURL発行では実際の表示に近い形で確認できるため、事前確認の質も向上します。

デザイナーがAdobe XDに移行する理由

Adobe XDは操作スピードだけでなくweb制作に適した様々な機能を搭載しています。

ワイヤーフレームを直接編集してデザインできる

ワイヤーフレームはいわば指示書です。
通常Photoshopなどで作業する際は、指示書を見ながらPhotoshop上で再現して作り上げていきますが、ワイヤーフレームと共通のソフトで編集することで、構成を確認しながら準備する手間を軽減できます。

共通パーツの一括操作が可能

Photoshopではヘッダーやフッターといった共通パーツを別ファイルで作成することが一般的でしたが、Adobe XDでは同ファイル内で共通パーツを作成することが可能です。

簡単なアニメーションの追加も可能

Adobe XDではボタンのホバー設定やプルダウンの表示などのアニメーションを設定することが可能です。
従来は別途指示などを用意していても上手く伝わりづらかった一定の機能部分をビジュアル化して伝えることが可能になります。

Photoshopとの連携も可能

Adobe XDはAdobe製品なので、Photoshopとの連携にも対応しています。
これによりPhotoshopの写真補正などの機能も活かしつつ Adobe XDに移行ができます。

Adobe XDは無料で使用できる

個人用のAdobe XDは現在無料で配信されています。
公式サイトはこちら

この無料配信によって、今までは障害の多かったデザイナーとプランナーの連携をさらにスムーズに行えるので是非おすすめしたいツールの一つです。

タイトルとURLをコピーしました