地方×コピーライティング×クリエイティブの情報マガジン「KOTOLOG」
クリエイティブ

【Photoshopテクニック】企画担当でも少しは触れるべき!Photoshop微修正テクニック

クリエイティブ
黒べこ
黒べこ

地方でクリエイティブに関わるなら「企画担当だから制作のことは知らなくていい」なんてことはありません!

企画担当者だとしても、制作でできることやできないことを把握しておくことは大切です。
また簡単な修正や緊急の対応があったときに、自分でもある程度対応できないと大きなトラブルに発展してしまうことがあります。

そうならないためにも、今回はPhotoshopで企画担当者が身につけておくべきテクニックをいくつかご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

Photoshopで文字を中央揃えする方法

文字が中央にない時に簡単に調整できる方法について解説していきます。

  1. Command + a (Windowsの場合はCtrl + a)でアートボードを全選択します。
  2. レイヤーから中央に移動したいものを選択します。
  3. 整列の項目から上下中央、左右中央を選択します。

こちらで移動したいものの中央揃えが可能になります。

複数のものの配置関係を維持したまま中央揃えする方法

ボタンやコンテンツなど決まったコンテンツを中央に揃えたい場合は、一つのファイルにまとめてファイルを同様の方法で中央揃えします。

ボタンなどの形に合わせて中央揃えする方法

レイヤーの左側にあるアイコン箇所をCommand(Ctrl)を押しながら選択することで、レイヤーの形に合わせた選択範囲を作成することができます。
以降は上記中央揃えと同様の工程を行うことで、シェイプに合わせた中央揃えをすることができます。

作成サイズいっぱいで透過pngを書き出す方法

特定の方法で透過画像をpngで書き出す際、余白が消えて書き出しサイズが変わってしまう場合があります。
そんな時に使える書き出しテクニックをご紹介します。

作成サイズいっぱいの余白がある透過pngの書き出し方法

  1. 書き出したいレイヤーを一つのファイルに纏めます。
  2. Command + a (Windowsの場合はCtrl + a)でアートボードを全選択します。
  3. 右下の「ベクトルマスクを作成」を押して作成サイズのマスクを作成します。
  4. まとめたファイルを右クリックして、「pngとしてクイック書き出し」を行います。

この方法で作成サイズの余白を含めた透過画像を書き出すことができます。

特定のサイズの余白を含めた透過画像を書き出す場合

余白を含んだサイズのシェイプを用意し、シェイプレイヤーの左側にあるアイコン箇所をCommand(Ctrl)を押しながら選択することで、シェイプの形に合わせた選択範囲を作成できます。
以降は上記透過pngの書き出し方法と同様に書き出しファイルに選択範囲のマスクを使用して書き出しを行います。
(選択範囲をとったシェイプは非表示にしておきましょう)

作成サイズ(アートボード)を調整する方法

バナーや画像を制作する際に指定のサイズに変更したいということもあるかと思います。
そんな時に簡単に調整できる2つの方法について解説していきたいと思います。

画像の比率を維持したままサイズを調整する

Command + Option + i(Windowsの場合はCtrl + Alt + i)で開く画像解像度から、画像の比率を維持したままサイズを調整することができます。(変更時には「比率」を必ずロックしておきましょう)
横幅もしくは縦幅を指定のサイズ合わせて変更することで、全体の比率を維持したままサイズを縮小拡大することが可能です。

画像の大きさを変えずに作成サイズを変更したい

Command + Option + c(Windowsの場合はCtrl + Alt + c)でカンパスサイズを開き変更することで画像の大きさは変更せずに作成サイズを調整することが可能です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
Photoshopで実際に緊急対応を行う際に、手間どってしまうポイントのテクニックを解説させていただきました。企画担当であっても必要に応じて対応ができるかどうかという点は非常に重要です。
緊急時などの状況に応じた対応ができるように備えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました