地方×コピーライティング×クリエイティブの情報マガジン「KOTOLOG」
コピーライティング

【ボディコピーの書き方】ボディコピーはどれぐらいの文字数が理想?基本的な書き方のコツとは?

コピーライティング
黒べこ
黒べこ

ボディコピーはだいたい150〜160文字が主流です!最大でも200文字ぐらいに収めておくと読みやすい長さになります。

スポンサーリンク

ボディコピーの書き方とは?

ボディコピーは150〜160文字が一般的な長さです。
では、ボディコピーはどのようにして書いていくのでしょうか?
今回はそんなボディコピーの作成方法について解説していきたいと思います。

ボディコピーの一行目は第二のコピー

ボディコピーの多くはキャッチコピーに付属して使用されます。
コピーでは伝えきれない部分を伝えるボディコピーでは、まずボディコピーの部分まで読んでもらう必要があります。

キャッチコピーから継続してボディコピーまで読んでもらうために、ボディコピーの導入部分では改めて強く惹きつける文章を置いておくことが効果的です。
第二のコピーとして、キャッチコピーと同じぐらい気を使って作成することを意識しましょう。

ボディコピーの注意点

ボディコピーは詩ではありません。
私事や酔った言葉を多用することはあまり好まれるものではないので、自己満足のポエムになってしまわない様に気をつけましょう。

また、一文一文が長文になりすぎないように気をつけましょう。
人の集中力は興味の度合いによって左右されます。
知識を与えるのではなく、知ってもらいたいことを受け取ってもらう文章では「、」や「〜ます」などを多用して長く説明的になってしまわない様に注意が必要です。

ボディコピーのテクニック

適度に体現止めなどを使用し、リズムを作ることを意識しましょう。
また商品特性のアピールなどは、主張しすぎず共感のある範囲に留めておくことが大切です。

また最後の文章はキャッチフレーズに用いたキーワードを使用することで美しくまとまります。
最初の文の次に気を遣って書いていきましょう。

ボディコピーを使う場面

  1. キャッチコピーの謎を補完する
  2. 企業や製品の想いに共感してもらう
  3. 消費者を口説く営業マンとしての役割

1. キャッチコピーの謎を補完する

キャッチコピーは消費者の関心を惹くためのフックです。
このフックが謎になる場合や、個人の理解度によって謎が生まれてしまう場合があります。
そんな謎を補完して理解を深めてもらうためにボディコピーを使用します。

2. 企業や製品の想いに共感してもらう

いわばファンをつくるということです。
単純に必要な商品としてだけでなく、製品や企業自体の想いに共感してもらい、ファンとして長く付き合っていけるようになることを目的にしてボディコピーを使用します。

3. 消費者を口説く営業マンとしての役割

キャッチコピーをフックとして関係が出来た消費者を口説く役割を担います。
自分と商品の関係性が深ければ深いほど必要なものとして認識してもらえることを想定し、キャッチコピーでは伝えきれなかったあらゆる面からその関係性を伝えて口説いていくことができます。

ボディコピーを書くときに大切なこと

「広告は、受け取ってもらうもの」ということです。
求める知識を提供することと、知ってもらいたいことを受け取ってもらうことでは、立場や目線が大きく変わります。
基本的には読んでもらえないものだからこそ、相手に寄り添い自分本意で説明しすぎないことを意識していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました