地方×コピーライティング×クリエイティブの情報マガジン「KOTOLOG」
コピーライティング

戦略のあるコピーをつくる「SWOT分析」とは?

コピーライティング

目標を達成するコピーを作成するために、
まずは自社や自社の商品がどんな強みと弱みを持っているか?
また市場や社会状況でどんな点が有利、不利になるか?
を「SWOT分析」で分析していきましょう。

スポンサーリンク

SWOT分析とは?

Strengths(強み)
Weaknesses(弱み)
Opportunities(チャンス)
Threats(脅威)

自社のSWOTを分析して戦略を明確にするための分析方法です。

SWOT分析の手順とは?

  1. まずは目的(目標)を設定します。
  2. その目的を達成するための自社の強み、弱みを整理します。
  3. 目的を達成するにあたり、そのチャンスと脅威を整理します。

戦略設計へ進む

上記の3つのステップを終えたら、整理した情報を元に戦略設計へと進みます。

攻撃戦略

自社の強みを持って取り込める事業機会は何かを洗い出します。

改善戦略

自社の弱みによって事業機会を逃さないためにできる対策を行います。

回避戦略

自社の強みを持って市場の脅威を回避できる方法や新たな事業機会をつくる方法を検討します。

撤退戦略

市場の脅威と自社の弱みが重なって最悪な自体にならないための対策を行います。

戦略設計が出揃ったら

現在もっとも急務な戦略はどれか?
また、その戦略は実現可能か?
を整理します。

対応順序の整理が終わったら、どんなアクションが必要かを考えていきます。

コピーライティングは戦略の指標?

コピーライティングには広告として実際に顧客の目に留まる「キャッチコピー」と、チームに戦略を共有すると同時に判断の指標となる「コンセプトコピー」が存在します。
この「SWOT分析」で有効な戦略を整理し、作成するクリエイティブの指標となる「コンセプトコピー」の作成を行いましょう。

まとめ

「SWOT分析」はコピーライターが習得しておくべきマーケティング目線の一つです。
マーケティングの分析方法は一つではなく、「3C分析」「4P分析」などの多様な方法を用いて戦略構築を行います。
コピーライティングを行うためにはまず、顧客とその市場の理解を深める必要があります。
しかし、内部からの目線だけでなく、一般的な視点で顧客やその商品の価値を見極めることも忘れてはいけません。
視点が偏ってしまわないためにも、「SWOT分析」などの分析方法を用いてしっかりと分析していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました