地方×コピーライティング×クリエイティブの情報マガジン「KOTOLOG」
クリエイティブ 映像制作

元映像編集者が教える、おしゃれな映像をつくる編集ソフト3選

クリエイティブ

おしゃれな映像と言えばどんなものを思い浮かべますか?
今回は、目的別に3種類の特徴を持った映像編集ソフトをご紹介します。

スポンサーリンク

1. Adobe Premiere Pro

クリエイター御用達のadobe製品「Premiere Pro」
通称プレミアと呼ばれるこの編集ソフトは、基本的な機能が一通り含まれており、有名なyoutubeクリエイターの方々にも愛用されています。(Filcher’sさん、水溜りボンドさん、ヒカルさんなど)

Premiere Proの特徴

  • 長時間の編集やテロップ入れなどに強い
  • 複数の映像や音楽の編集に対応しやすい
  • 簡単なカラコレ(映像の色合い編集)やアニメーションも対応可能

基本的な動画編集に対応できるので、Premiere Proをベースとして別の編集ソフトと併用するという形を採用している編集者も多いです。

Premiere Proは有料?

Premiere Proを使用するには、Adobe Creative Cloudを契約する必要があります。

Premiere Pro単体であれば月額1,680円で利用できますが、adobeには映像アニメーションに特化した
「After Effects」やyoutubeなどでサムネイルを作成する「Photoshop」なども利用することができる、コンプリートプラン(月額3,980円)がおすすめです。

どんな映像がつくれるの?

一般的なyoutube動画のカットや切替え、音楽に合わせた動画の編集などに対応が可能です。

2. Adobe After Effects

Premiere Proと同様にadoobe製品である「After Effects」
このソフトは主にアニメーション部分を担当するソフトでOPやED、動画内での動作のあるテキストや装飾などに使用します。クオリティの高さで有名なyoutuberのだいにぐるーぷさんなどもこの編集ソフトを使用されています。

After Effectsの特徴

  • アニメーションに強く映像加工が自在に作成できる
  • Premiere Proとも連携可能でOPやEDなどの拘った部分の編集に最適
  • 追加のプラグインによってさらに様々な加工を実現できる

長時間の編集はあまり得意ではありませんが、Premiere Proと同じadobe製品なので連携がしやすく、OPやEDなどの拘りたい部分のみをAfter Effectsで行うことで、よりクオリティの高い映像制作が可能です。
またプラグインなどの追加機能も豊富で、様々なアニメーションや映像加工を実現できます。

After Effectsは月額有料の編集ソフト

Premiere Proと同様にAfter Effectsを使用するには、Adobe Creative Cloudを契約する必要があります。

After Effects単体であれば月額1,680円で利用できますが、adobeには長時間の編集に強い、「Premiere Pro」やyoutubeなどでサムネイルを作成する「Photoshop」なども利用することができる、コンプリートプラン(月額3,980円)がおすすめです。

どんな映像が作れる?

格好良く出現するテキストや、OPやEDなどの動作するイラスト、光の効果などが可能です。
プラグインを使用すれば、テキストや効果の質感をより高いレベルで実現することも可能です。

3. DaVinci Resolve

無料でも使用可能な編集ソフト「DaVinci Resolve
この編集ソフトはもともと動画素材の色や質感を調整するためのソフトで、テレビ番組やCMの制作現場でも使用されています。

アップデートにより動画編集機能も充実しており、ハイクオリティな映像をこれひとつで作成することが可能です。

DaVinci Resolveの特徴

  • 一段上の質感をもつ動画の作成が可能
  • 基本的な映像編集機能やアニメーション機能も搭載
  • 映像素材の加工に使用して、他のソフトとの併用も可能

DaVinci Resolveは無料で使用できる編集ソフトですが、プロの現場でも使用されています。
映像の質感を調整して、クオリティの高い動画作成を可能にします。
基本的な編集機能を網羅している上で、他のソフトに移行する場合でも質感調整はDaVinci Resolveで行うといった対応ができるので、使えるようになっておいて損をすることはありません。

DaVinci Resolveは無料で使用できる?

DaVinci Resolveは無料でダウンロードできます。
プロの現場ではさらに細かな操作をするために専用のコントローラーを購入することなどもありますが、無料でも必要な機能は使用できます。

どんな映像がつくれるの?

世界観のある映像を作ることが得意な編集ソフトです。
テレビ番組ではテラスハウスのようなオシャレな質感がある映像の加工を再現することが可能です。

初期編集は発注するのもあり?

またyoutubeなどの動画投稿を始めようとと思っている方には、初期段階を発注することもおすすめです。
未経験で自ら全て作成するには開始までに時間が掛かってしまうだけでなく、編集技術が身についた頃には初期のものに不満を感じてしまうこともあります。

初回のフォーマット作りを依頼する

動画投稿で最初につまづく壁としては、OPやED、テロップや場面展開などといったフォーマット部分の制作です。これらの制作はクオリティが高いものにしようとすると通常の編集よりも難易度が高く、一定の知識や技術が求められます。
交渉次第ではその編集データをいただくことも含めて発注することも可能な場合があるので、是非一度交渉の上で発注してみましょう。

最初は本編部分の編集から始めてみる

編集データを貰うことができれば、OPやEDなどは使い回すことができるので、比較的編集が簡単な本編部分から編集をスタートすることができて効率的に動画投稿を始められます。

「ココナラ」なら価格帯が安く、交渉がしやすい

いきなり映像会社に依頼するのはちょっと…あまり予算はかけたくない…
という方は個人のスキルを売買する「ココナラ 」を利用してみるのもおすすめです。一般の映像制作会社から比べると非常に安い価格設定がされており、個人でも気軽に依頼ができます。

まとめ

今回ご紹介した映像ソフトはそれぞれ得意な分野が違い、3つの編集ソフトを併用することも可能です。
どれを覚えても損をすることがないため、クオリティをさらに高めたいと思った時には使用するソフトを増やしてみるのも手ではないでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました