地方×コピーライティング×クリエイティブの情報マガジン「KOTOLOG」
コピーライティング

感情値と具体性を併せ持つコピー7選

コピーライティング

キャッチコピーに対して、うまいことを言ったり、情緒的で綺麗なメッセージをつくるというイメージをお持ちの方も少なくないのでは無いでしょうか?

そんな風に「印象に残るメッセージ」であることもちろん大切ですが、それも最終的な目的を達成する手段のひとつでしかありません。

今回は、最終的な目的の達成から見る「感情値と具体性を併せ持つコピー」をご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

■感情値と具体性を併せ持つコピーとは?

つまり、実際に物が売れたり、人を集めたりすることができているコピーです。

自分の書いた文章が、営業や集客、周知といった形で、自分の代わりに働いてくれる。
それが「キャッチコピー」であり、今回は、そんな成果が目に見えるコピーをご紹介していきたいと思います。

1. そうだ 京都、行こう。

東海旅客鉄道(JR東海)で実施されたキャンペーン広告です。
旅行に行きたいという感情を刺激されつつ、京都に旅行に行くという具体的な行動を示されていて、思わず誘導されてしまうコピーですね。
その上会話で使いたくなるフレーズなので、拡散力も高く…もはや恐ろしいです。

2. 手書きだと9.73秒かかりました。

シャチハタの日付印広告。手書きとハンコが並べられているポスターです。
初見の印象はとにかく「めんどくさそう」でした。かかる時間のロスを考えされられ、そこで日付印という選択肢を与えられることで上手に購買意欲に繋がっていますね。

3. 13歳で結婚。14歳で出産。恋は、まだ知らない。

公共財団法人プラン・インターナショナル・ジャパンのキャッチコピーです。
想像もつかないのに想像してしまう。感情が揺さぶられるコピーですね。
この言葉で募金先が知らない国の子ではなく、自分と同じ人間であり大変な環境にいる子だと感じられます。行動を促されるコピーですね。

4. いつも綺麗に使っていただき、ありがとうございます。

ちょっと変わり種。
コンビニのトイレなどで見かける張り紙の言葉です。
こちらもトイレの清掃や清潔さの維持において多大な効果があった立派なキャッチコピーですね。

5. 一目で義理とわかるチョコ

おやつの定番、ブラックサンダーのキャッチコピーです。
具体的な用途を提案しているだけにもかかわらず、一目で義理とわかるというフレーズのインパクトに目を惹かれるコピーですね。

6. 地図に残る仕事

大成建設のキャッチコピーです。
地図に残るというフレーズは印象深く、建設業界を目指す人や現場で働く人には特に響く言葉だったのではないでしょうか?
また、気持ちの面だけでなく企業イメージの向上や採用面でも大きな効果をもたらすコピーですね。

7. がんばる人の、がんばらない時間。

コーヒーチェーンドトールのキャッチコピーです。
コーヒー屋さんに入るという価値感を変えて行動につながっているコピーですね。
この言葉によってドトールに入ることが少し誇らしくも感じます。

■まとめ

どのコピーも、印象深いのに、その後の行動までも計算されている素晴らしいコピーでした。
キャッチコピーをつくる際には、どんな行動が生まれれば、必要な結果が得られるのかをしっかりと考えていきたいですね。

その他参考コピー7選はこちらから!

タイトルとURLをコピーしました