地方×コピーライティング×クリエイティブの情報マガジン「KOTOLOG」
ブログ

採用でよく聞く「成長」って誰が求めてるんだろう?

ブログ

最近採用に関するワードで「成長できる企業」とよく耳にするのですが、考えてみるとこれは一体誰が求めてるものなのでしょうか?

スポンサーリンク

企業側の目線で考えてみた

企業側の目線で見てみると、「成長できる企業」を求めている求職者は、その後のプランがある人材だと思うのです。

自身で商売を始めるためだったり、数年後にさらに条件のよい職場に行くためのステップアップを目的とした人材が多く集まった場合、長く働いてくれることは期待することは難しいのかもしれません。

そもそも、長期での就業があまり望めない、これからの成長を想定した教育コストがかかる人材が必要なのでしょうか?
会社に勤めるということは、労働力や技術力によって、利益を生み出すことで対価を得ることです。
だとすると、利益を生む期間が短くなる可能性が高い人材を集めていることにいささか疑問が残ります。

求職者の目線ではどうか?

では求職者の目線で「成長できる企業」はどう映るでしょうか。

例えば、生涯勤められる会社を探している求職者の印象としては、

  • 就職時点では必要とされてない
  • 求められるスキルは上がり続ける
  • 入社のハードルが低く感じる

と感じることもあるかもしれません。
そうなれば、続けていくことを想定した人材に対してマイナスに働いてしまう場合も

また、見方によっては長期で働くことを求められていないと感じてしまい、少し不安になる気もしますね。

能力の高い人材を集めるための手段でもある

もちろん目線を変えれば、一定数の人材を確保するためにステップアップ目的の社員も採用したいという目的の場合もあります。

後々に魅力的な条件を与えて優秀な社員の継続を促すということも考えられるでしょう。
もともとは、こういった考えから生まれたものが、「成長できる企業」なのかもしれません。

また、それ以外でも、まだまだ僕の考えが及ばない目的もあると思います。
ただ、ここでひとつ思うことは「それっぽい」という理由で使用している企業も少なくはないということです。

まとめ

どんな分野でもそうですが、「それっぽい」ものが正しいという風潮があると感じます。
よく見るものだから大丈夫という安心感で、本来の目的を見失ってしまうことは、自分自身も含め気をつけていきたいところですね。

タイトルとURLをコピーしました